不動産の売却による「解決」

売却の具体的な進め方

最初のご面談にて

  • 不動産をご売却を考えている『理由』、売却完了までの『スケジュール感』などをお聞かせ戴き、売却すべきかどうかを改めて一緒に考えます。
  • 『売却』する流れになった場合、対象不動産周辺の、売買成約状況、売却活動中の不動産情報と併せて、不動産市況をご説明致します。
  • 売却諸経費、譲渡税などをご説明致します。
  • ご相談者の真の目的に沿った、売却方法をご提案致します。

ご売却を決断されたとき

  • 売却活動の方法、スケジュール感をご説明致します。
  • 売却活動中における、売主としての注意事項をご説明致します。
  • 売却活動をスタートする『売出し価格』をご相談の上、決定します。
  • JRSとの媒介契約を締結させて戴きます。

売却活動

  • 売却物件の性格上、口コミによる売却活動の方が有利に売れると考えられる場合、まずは、水面下での営業活動を致します。
  • 不動産流通機構(レインズ)に物件登録し、物件を公開した方が有利に売れると考えられる場合、物件を公開します。
  • ご事情により、『売却活動を公開したくない』場合、JRSが信頼するルートに限り、ごく水面下にて営業活動を致します。
  • 定期的に営業活動をご報告差し上げます。

購入客が現れたとき

  • 売買価格等の諸条件について、売主の立場で、売主の目的に反することなく、買主側と交渉致します。
  • 交渉の一部始終は速やかにご報告し、売主の判断を仰ぎます。
  • この価格で売却した場合の、売却諸経費、譲渡税を改めてご説明いたします。

売買の諸条件がほぼ纏まったとき

  • 売買契約書の案文を、買主側と協議しながら作成致します。
  • 売買契約書において定められる各条文において、売主に有利な点、不利な点、それぞれをご説明致します。

売買契約締結

  • 一般的には、どちらかの仲介業者の店舗・事務所が契約場所になります。
  • 仲介業者が買主への重要事項説明を行い、契約書案文を再度読み合わせ、調印致します。
  • 買主から手付金(内金)を受領し、領収書を発行して戴きます。

残金決済時

  • 一般的には買主の指定する金融機関等で残金決済を行います。
  • 権利書(最近は登記識別情報通知)、印鑑証明、ご実印、免許証などの本人確認証をご持参戴き、これらを司法書士が確認します。
  • 不備がなければ、残金を受領(振込・小切手等)し、領収書を発行して戴きます。
  • 通常は、残金の受領と同時に売却物件を買主に引渡します。

東京都世田谷区奥沢七丁目7番21号

email: info@j-rs.com