「立ち退き」について

建物賃貸借契約によく書かれている「本契約を解約する場合、貸主は6か月前に借主へ通知を・・」ですが、借地借家法が優先されますので、借主の承諾がなければ簡単には解約できない・・というブログです。

立ち退き交渉は、賃貸人本人あるいは弁護士でない者が行いますと「非弁行為」に該当する場合があります。 貸主からの賃貸借契約の解除は「正当事由」が必要なので、立ち退きに苦労する現場も少なくありません。